看護師の転職で重要な職場のストレス負荷

看護師の仕事自体、もともと大変なストレスを抱える仕事であることは間違いありません。仕事の内容も大変ですし、身体や心が病んでいる患者は普通では言わないような理不尽なクレームもぶつけてしまいがちです。その矢面に立つのが看護師ですから、それが積み重なれば、精神的にも疲れきってしまいます。転職の二文字が頭に浮かぶのは、こういうことがきっかけとなっていることも少なくはないようです。


<看護師が感じるストレス>

理不尽なクレームは患者から受けるのは、外来よりも入院病棟において多くなります。病で入院していればそれだけ心に余裕はありませんから、人に対してわがままも出てしまうでしょう。入院は大なり小なり不自由を強いられますし、精神的に不安定になります。そのイライラをぶつけられやすいのが、一番身近な看護師になるのです。看護師が「元気でいなければならない」というのは患者さんに元気を与えるべき立場だということもありますが、元気がないとそういったストレスに潰されてしまうのです。疲れきってしまえば、転職も自分の心と体を守るために必要なときもあります。転職によってリフレッシュされ、「また頑張ろう」という気持ちが生まれたという人も多いものです。

産業看護師の求人

産業看護師は企業に所属して、その企業内の社員の精神面や身体面の健康管理を行うことが主な仕事内容です。
職場環境も穏やかであり、大変人気が高い職場です。
所属企業に準じた勤務時間と休日で、プライベートを充実させることも可能です。
しかし人気の割に求人が出ることは少なく、狭き門と言われています。
その理由はどこにあるのでしょう。


<産業看護師が狭き門となる理由>

日本において企業の数は大変多いのですが、そのほとんどが中小企業です。
そのため産業看護師を設置していない企業も多く、求人自体が少ないというのが現実です。
一度その職に就くと余程の理由がない限り、なかなか離職することはありません。
また産業看護師の欠員が出た場合にも、この需要の多さは知っていますので、一般的な求人サイトやハローワークに情報を載せることはありません。
もしそのようなことをすれば、応募が殺到してしまうことでしょう。
こういった理由から看護師の求人に特化している転職サイトなどの非公開案件として扱われることが多くなっています。
狭き門となっている要因は、ここにあるのです。
もしその職場を狙うのであれば、複数の専門性の高い転職サイトに登録して、気長に待つということになります。

看護師の求人は総合病院だけじゃない

たくさんの看護師の方が病院で活躍されています。看護師の資格を取った方は、みんなが大きな総合病院や一般の病院で仕事をしたいと思っている方ばかりではないと思います。求人では資格を活かせる場所をいろいろ探すことが出来ます。資格はとったもののいきなり大きな総合病院での勤務は不安が大きいと言われる方は、まずはどんな場所があるのか求人の中で探してみるのもいいですね。せっかくとった資格を無駄にする必要はありません。あなたの希望に合った場所がきっと見つかるはずです。


<色んな所で活躍できる仕事です>

今や看護師の仕事というのは色んな所で必要とされています。その仕事がいかせる所は求人を見てもよくわかります。総合病院などの病院はもちろんですが、精神科病院や脳外科、クリニック、また病院とはまた違う職場としては一般企業の保健室や特別養護老人ホーム、デイサービスや訪問看護ステーションとたくさんあります。仕事の内容としましては、多少違う所はあると思いますし、中には肉体的も精神的にもかなりきついと思いう所もあると思います。ですがどこもやりがいのある仕事ばかりです。人から感謝される仕事ですので、是非自分の合った職場を見つけられるといいですね。

男性看護師の割合とこれから

看護師は女性の仕事というイメージが強いですが、男性の看護師が徐々に増加傾向にあるそうです。就職などが時代に左右されないこと、年収などがサラリーマンよりも安定していることなども、人気の理由と考えられています。現在、まだ日本の男性看護師は全体の1割に満たないそうですが、男性だけを見ると希望者は年々、増えていると考えられています。


男性看護師を求める現場も増加

もともと女性ばかりの現場ですから、継続して勤務できるナースは今まで少ないと考えられていました。ただでさえナースは離職率が問題になっていますが、職場に不満などがなくても、女性は妊娠や出産で仕事を一時的に休まなくてはならないのです。このような理由もあり、男性ナースは継続して勤務ができる、キャリアアップ育成に適していると考える病院も増加していると言われています。


男性ナースに求められること

多くの場合、男性ナースにはまず物理的な力を期待されているようです。やはり自力で動くことの難しい患者さんの移動などでは力が必要です。看護師の仕事は非常に力仕事も多いものですから、男性には物理的な力を期待する病院が多いと言われています。またお年寄りの中には女性のいうことを聞かないという患者さんもいないわけではありません。男性だからできることが、看護師の仕事にも多く存在すると考えられているそうです。

下がることない看護師求人の需要

ケガをしたり風邪を引いたり、予防接種を受けたりと誰もが一度は病院へ行ったことがあると思います。医師と共に重要な役割を担う看護師は、私たちが生きていく上で無くてはならない職業の一つであり、いつの時代も変わらず看護師を求めています。


看護師の必要性

病院には医師の他に看護師が必ず勤務しており、医師の指示によって問診や治療などを行いサポートをしています。どんなにすばらしい医師でも、一人では診療することは難しく看護師の協力が必要となります。医師や患者とのコミュニケーションを図り、一人でも多くの患者様を診療できるよう円滑にサポートしていかなければなりません。聞き慣れない専門用語が多い病状や薬剤の説明は、患者様やご家族の方に分かり易く説明したり、自宅療養の指導を行ったりもします。


減ることのない看護師求人

病院以外にも看護師の勤務先は色々とありますが、中でも福祉施設での看護師求人が多くなっています。高齢化社会に伴い老人福祉施設が増えている一方で、福祉施設で働く看護師の数は少ないのが現状です。看護師不足が問題視される中、福祉施設では行える範囲の看護師業務を介護職員が行っています。病院勤務に比べ比較的夜勤や休日出勤が少ない勤務先を選ぶ看護師も増えつつあります。さまざまな勤務先で看護師を必要とする声は大きく、看護師求人の需要は更に高まることでしょう。

求人情報以外の情報で病院選び

インターネット就職情報や就職情報誌などには、看護師の求人情報が数多く載っています。しかしそういった情報記事には、看護師の求人の情報だけでなく、就職に有利になる情報もたくさん載っています。そういった情報を活用することも大事です。


<就職に有利な情報を活用する>

インターネットや情報誌には、それぞれの病院の特徴、または特集記事も掲載されています。特集で取り上げられているということは、それが特化しているということでもあり、その病院の特徴でもありますね。そういった特集記事を読んで比較検討することも、就職活動を成功させるには大切なことです。また、就職関係の情報には、面接の対策や履歴書の書き方なども載っているので、参考にして失敗のない就職活動をしましょう。


<就職活動で失敗しない履歴書の書き方>

最初に履歴書を送付しなければならない場合も多いです。本人よりも履歴書の方が先に面接官は見ることになります。履歴書もきちんと書かなければなりません。ボールペンは避けて黒の万年筆で書くことが理想。文字はていねいに、心を込めて書きましょう。文字が下手でもていねいに書いてあることが大事です。履歴書に貼る写真はスーツ着用のものを。間違ってもプリクラなどを貼ってはいけません。看護師の求人情報誌などに載っているさまざまな情報を活用して、自分に合った就職先を見つけましょう。

看護師の今の環境はどうなっているの?

最近、サイトなどで看護師の求人案内を見かけたりしますが一体どのくらいの求人広告があるのでしょうか?
看護師と働くとなると、その環境はどうなっているのかなど気になる部分が多くあるかと思います。
やはり今問題になっているのは看護師不足だと思いますが、どのくらい足りていないのか気になりますよね。
私達が病院へ行ったりすると多いような気がしますが、実はその逆で人手不足みたいです。
その一方で看護師の需要が増えてきているので、なかなか追いつかないのだと思います。
実際に看護師として働いている方々もプライベートとの両立が難しいのではないかと・・・何とか今の環境が改善されたら良いですよね。


看護師の求人のほとんどが非公開求人!

看護師の求人広告を確かによく見かけますが、そのほとんどが非公開求人との事らしいです。
人材紹介などで募集をしているそうなので、転職を考えている方にとってはとても良いかもしれません。
また、病院側は面接をする時間がとれないみたいなのでそこも考え物ですね。
やっぱり本来ならばきちんと面接をしてお話をしたりして、どんな方なのかどんなことを経験してきたのかなど情報交換が出来たら良いのですが難しいみたいですね。
ですが、最近では好条件のあるところもあるそうなので、転職をお考えの方はご検討してみてはどうでしょうか?

看護師たちの戦い

一見華やかな看護師という仕事ですがその実が過酷である事は少しずつ一般にも浸透しつつあります。しかしある調査によると看護師のバーンアウト、所謂「燃え尽き症候群」は同じ職場で働く一般医師の凡そ倍が報告されていると言います。何故医師と看護師の間にこれほど大きな差が生じてしまうのか、そして彼女たちは何と戦っているのでしょうか。


看護師たちが抱える問題

看護職の離職率は年々増加の一途を辿っており、毎年凡そ全体数の1割強にあたる人達がこの業界を去っているとされています。またそのうちの凡そ3/4が新人の方だと言われています。そして彼女たちが離職に至る理由の多くは前述のバーンアウトによるものとも言われています。例えば働いて間もなく自分を足手纏いだと思い込んでしまう人、思い描いていた理想とのギャップに戸惑う人、多忙で自分を見失ってしまう人、当たりの強い先輩たちに悩まされる人、そして何よりもこういった悩みを何処に相談していいのかわからない職場。彼女たちの多くはこういった孤独感や疎外感から燃え尽き症候群に陥ってしまうと言われています。


理想の職場に巡り合う事

ただ一方で看護師としての仕事を続けられている人がいるのもまた事実です。そういった人たちは例えば良い教育係「プリセプター」に巡り会えた事や、忙しいだけでなく遣り甲斐のある仕事である事、看護師同士の仲が良い職場であった事などを続けてこられた理由としてあげています。悩みを抱え込んでしまうその前に、今一度自分の環境を見直してみてはいかがでしょうか。

派遣看護師ってどうなの?

看護師の求人には病院による正規雇用以外にも「看護師派遣」と呼ばれるものが存在します。当然派遣である事からきちんとした身分保障が無い、昇給やボーナスが無いといったデメリットが伴いますがだからといって悪いことばかりでも無いと言います。


派遣看護師の長所

派遣看護師最大の利点は何といっても煩わしい人間関係によるストレスが圧倒的に少ない事です。看護業界の転職や辞職理由として最もよくあげられるのが「職場の人間関係」だと言われていますが、派遣は同じ職場に長期間滞在する事が無いのでこういった柵が無く、また万が一不和が生じたとしても派遣期間が終わればその職場とは綺麗さっぱり縁を切る事もできるので安心です。またある程度仕事量を自分でコントロールできるので少し働き疲れた時には正規雇用と違って簡単に休職できるのも強みです。


派遣で注意すべき事

尤も派遣看護師として働くのであれば当然派遣元は慎重に選ばなくてはなりません。例えば派遣と言いながら派遣期間を明記せず同じ病院でずっと働かせるような派遣元や、派遣先のバリエーションが殆どないような所では前述のような派遣のメリットが全く活かせません。正規の看護師求人と同様に派遣で働く場合もその勤め先は慎重に選びましょう。

看護師求人サイトってどんなところ?

今は多くの求人サイトがありますが、一体どこの看護師求人サイトが一番良いのか迷っている方もいますよね?
看護師求人サイトはたくさんあり、その中から吟味するのは本当に大変だと思います。
ですが、私が見つけたある求人サイトには魅力的な求人がありましたので、皆さんにもご紹介したいと思います。
私が見つけたのは、「ナースフル」という求人サイトでお仕事簡単検索というものがあって、そこで自分の望む雇用形態や業種を選ぶことが出来ます。
これなら自分の希望に近い転職先を探すことが出来て便利ですし安心ですね。
家庭との両立も出来るようになっているのもありますので、無理なく働けるかと思います。


ブランクがあっても看護師になれる!

現在では、ブランクのある方でも歓迎してもらえる職場もあるそうです。
何かの理由でお仕事を辞めてしまっても、こういったところがあると非常に助かりますし嬉しいですよね。
他にも好待遇のところもあるので、色々探してみて検討するのも良いかもしれませんね。
やっぱり無理なく自分に合った職場環境で働きたいと思う方が多いかと思います。
そういった方には、ナースフルという看護師求人サイトはお勧めです。
興味のある方は時間があるときに覗いてみてはいかがでしょうか?

看護師の職場も色々

看護師というと例えば大きな総合病院で時々夜勤も挟みつつ日々看護に励む様子や、地方の町病院で患者の方と仲良くなりつつ働いている様子などが一般的に想像されると思います。しかし看護師の仕事は実はこういった病院の大小以外に様々なバリエーションがあるのをご存知ですか?


会社の専属、企業看護師

看護師の就職先には例えば「企業看護師」というものがあります。これは文字通り病院ではなく企業に勤め、看護資格を活かし職場の方を対象とした問診やストレスケア、健康診断などを行なう仕事の事です。病院と比べ労働環境や雇用契約条件がサラリーマンベースとなる為規則的な勤務時間や一般の人と変わらない待遇が魅力とされ業界の中でも人気の就職先です。ただし狭き門である他、非常に幅広い知識が必要とされるそうです。


旅行のお伴に、ツアーナース

また集団での旅行やツアーに付き添い緊急時に対応するといった「ツアーナース」という職場もあります。実は数日に及ぶ旅行では意外と体調不良を訴える方が多く、特に行楽シーズンでは多くのツアーナースが必要となるそうです。病人が出なければ仕事らしい仕事もないまま観光だけして終わるといった事もある半面、こちらの仕事も必要な情報量は多く不定期な仕事になりやすいとの事です。