看護師の転職で重要な職場のストレス負荷

看護師の仕事自体、もともと大変なストレスを抱える仕事であることは間違いありません。仕事の内容も大変ですし、身体や心が病んでいる患者は普通では言わないような理不尽なクレームもぶつけてしまいがちです。その矢面に立つのが看護師ですから、それが積み重なれば、精神的にも疲れきってしまいます。転職の二文字が頭に浮かぶのは、こういうことがきっかけとなっていることも少なくはないようです。


<看護師が感じるストレス>

理不尽なクレームは患者から受けるのは、外来よりも入院病棟において多くなります。病で入院していればそれだけ心に余裕はありませんから、人に対してわがままも出てしまうでしょう。入院は大なり小なり不自由を強いられますし、精神的に不安定になります。そのイライラをぶつけられやすいのが、一番身近な看護師になるのです。看護師が「元気でいなければならない」というのは患者さんに元気を与えるべき立場だということもありますが、元気がないとそういったストレスに潰されてしまうのです。疲れきってしまえば、転職も自分の心と体を守るために必要なときもあります。転職によってリフレッシュされ、「また頑張ろう」という気持ちが生まれたという人も多いものです。