看護師たちの戦い

一見華やかな看護師という仕事ですがその実が過酷である事は少しずつ一般にも浸透しつつあります。しかしある調査によると看護師のバーンアウト、所謂「燃え尽き症候群」は同じ職場で働く一般医師の凡そ倍が報告されていると言います。何故医師と看護師の間にこれほど大きな差が生じてしまうのか、そして彼女たちは何と戦っているのでしょうか。


看護師たちが抱える問題

看護職の離職率は年々増加の一途を辿っており、毎年凡そ全体数の1割強にあたる人達がこの業界を去っているとされています。またそのうちの凡そ3/4が新人の方だと言われています。そして彼女たちが離職に至る理由の多くは前述のバーンアウトによるものとも言われています。例えば働いて間もなく自分を足手纏いだと思い込んでしまう人、思い描いていた理想とのギャップに戸惑う人、多忙で自分を見失ってしまう人、当たりの強い先輩たちに悩まされる人、そして何よりもこういった悩みを何処に相談していいのかわからない職場。彼女たちの多くはこういった孤独感や疎外感から燃え尽き症候群に陥ってしまうと言われています。


理想の職場に巡り合う事

ただ一方で看護師としての仕事を続けられている人がいるのもまた事実です。そういった人たちは例えば良い教育係「プリセプター」に巡り会えた事や、忙しいだけでなく遣り甲斐のある仕事である事、看護師同士の仲が良い職場であった事などを続けてこられた理由としてあげています。悩みを抱え込んでしまうその前に、今一度自分の環境を見直してみてはいかがでしょうか。