どんな理由で看護師は転職をしているのか

付きっ切りで患者の面倒を見てくれる看護師。
そんな存在に憧れている人も多く、看護学校の入学者はいまだ多いといわれています。
しかし、現場では様々な問題が起こっているようで、「看護の仕事自体は好きだしやりがいがあるけれど、なかなか自分の希望にあった職場にたどりつけない」と思って転職を繰り返す看護師がたくさんいるようです。
では、どんな理由で職場を変えているのでしょうか?


給料や働き方で看護師の転職は起こりやすくなっている

理由は様々あるので一番多いのはどれかなどの順番をつけにくいのですが、収入や労働時間などで職場を変える看護師が多いようです。
賃金が労働の割りに合わない、育児中なのに労働時間の融通が利かない、毎日泊り込みで仕事をしなければならないなど、体力的にも金銭的にもきつい状況に陥っている人が多いようです。
確かに看護師という仕事自体が自分の生活をある程度圧迫するものですが、それでも完全に仕事漬けの毎日になってしまったら嫌ですよね。
仕事とプライベートのバランスが肝心なので、仕事のために生きないようにしてください。


人間関係も重要なファクター

また、職場の人とうまくいかなくなって仕事を辞めたという人もたくさんいます。
看護師はただでさえストレスの多い仕事ですから、人間関係で嫌なことがあったら心身に大きな負荷がかかってしまうことになります。
できれば、そこも良好な状態をキープしているような職場を選びたいですね。